がん検診|内科 消化器内科|海老名駅前みんなのクリニック ピロリ菌

海老名駅前みんなのクリニック

平日19時まで土日診療

ららぽーと目の前

046-235-7001

診療時間表

休診日:水曜・木曜午前・金曜・祝日
※初診の方は診察終了時間30分前までにお越し下さい。

  土・日
午前 × 9:00
~12:00
× × × 9:00
~12:00
×
午後 15:00
~19:00
13:00
~15:45
× 14:00
~19:00
× 13:00
~16:00
×
  • 初診 ネット受付はこちら
  • ドクタース・ファイル 当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました
  • 管理栄養士による栄養相談
  • 求人情報

がん検診

ABC検診とは

当院では胃がんリスク検診(ABC検診)に力を入れております。
胃がん発症のリスク(胃炎の程度)やピロリ菌感染の有無が簡単な血液検査で分かります。
ABC検診とは、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無を調べるヘリコバクター・ピロリ抗体検査と、ピロリ菌によって起こる胃粘膜の萎縮度(いしゅくど)を調べるペプシノゲン検査という、2つの血液検査の値を組み合わせた「ABC分類」によって、胃の健康度を評価する検診です。

胃がんリスク層別化検査管理指針

胃がんリスク層別化検査管理指針 認定NPO法人 日本胃がん予知・診断・治療研究機構2016

ペプシノゲン検査

血中のペプシノゲンの濃度を測定することで。胃粘膜の老化(萎縮)の状態を調べる検査で、胃がん検診にも応用されています。
萎縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいといわれています。

ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査

胃がヘリコバクター・ピロリ菌に感染していないか調べる検査です。
ヘリコバクター・ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、さまざまな病気の引きがねになると考えられています。ヘリコバクター・ピロリ菌に感染した人が全て胃がんになるわけではありませんが、感染があれば胃がんの発生リスクが高まることがわかっています。

ピロリ菌の除菌について

ABC検診でピロリ菌感染が確認された場合、胃がんリスクを低下させるためにも早めの除菌をお勧めいたします。
通常は一次除菌療法から開始します。一次除菌では抗生剤(2種類)と胃酸分泌抑制剤のそれぞれの薬を1日2回、1週間服用し、除菌を行います。
正しく薬を服用すれば一次除菌での成功率は9割とも言われています。
ピロリ菌が消えなかった方には、一次除菌とは異なる抗生剤を使用し二次除菌を行います。
抗生剤での除菌完了後、4週間~1ヵ月間程度期間を開け、ピロリ菌が除菌できたか治療効果を判定します。

ABC検診を受けることができない方

  • 明らかな上部消化器症状のある方
  • 食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
  • 胃切除後の方
  • ヘリコバクター・ピロリの除菌治療を受けた方(過去5年以内だと×)